HOME > 団体概要

団体概要

団体名称

流産・死産経験者で作るポコズママの会

 

設立年

2003年12月

 

代表

加藤咲都美

概要

流産・死産(人工死産)・子宮外妊娠・胞状奇胎・新生児死などの理由により、小さなお子様を亡くされたご家族同士の相互支援を目的として活動している非営利任意団体です。

 

団体の目的

  1. 流産・死産を経験されたママやパパの心のケアに取り組み、ご家族が未来を歩いていくことを応援すること。
  2. 妊娠を希望するご夫婦の為に妊娠に向けた心と体づくりをサポートすること。
  3. これから流産・死産を経験される人の為に、正しい流産・死産の知識の啓蒙と、適切な対応を病院・社会に求めること。

 

活動内容

  1. 流産・死産経験者で作るポコズママの会コミュニティーサイトの運営
  2. 流産・死産に関する情報発信、勉強会・交流会の企画・開催
  3. 流産・死産の心のケアに関する研究、及び研究機関への協力

 

表彰・助成歴

  • 2015年度「KDDI財団(社会的・文化的諸活動)」助成
  • 2014年度「サービスグラント」助成
  • 2010年度 「ファイザープログラム」助成
  • 2005年度 「みんなのホームページコンテスト」コミュニティー部門受賞
  • 2005年度 「中央ろうきん助成プログラム」助成

 

出版歴

 

メディア掲載

読売新聞/朝日新聞/毎日新聞/中日新聞/東奥日報/信濃毎日新聞/京都新聞/伊勢新聞/宮崎日日新聞/長崎新聞/しんぶん赤旗/NHKすくすく子育て/ビックイシュー日本版/雑誌『VERY』ほか

 

取材協力

NHK『あさイチ』/NHK北海道/NHK長崎/BSフジ/テレビせとうち/ドキュメンタリー映画『うまれる』ほか

 

研究協力

慶應義塾大学/京都大学大学院/大阪大学大学院/筑波大学大学院/お茶の水女子大学大学院/鹿児島大学/静岡大学/滋賀医科大学/札幌市立大学/石川県立看護大学/川崎医療福祉大学大学院/日本赤十字看護大学/日本赤十字秋田看護大学大学院/曹洞宗総合研究センターほか

 

規約

規約はこちらからご覧ください。(PDFファイルが開きます。)

 

お問い合わせ先

  • お問い合わせ・ご意見箱

お問い合わせ・ご意見箱はこちらから(問い合わせフォームにリンク)

  • 手紙でのご連絡 (私書箱)

〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1東京ボランティア・市民活動センター

メールボックスNo.42 ポコズママの会

※私書箱ですので、郵便物の確認は月1回程度です。また、宅配便は受領できません。郵便でお送りください。お急ぎの場合はお問い合わせフォームにてご連絡ください。