HOME > 当会出版物のご案内

当会出版物のご案内

当会の出版物のご案内です。

書籍『ともに生きるたとえ産声をあげなくとも』

書籍

2007年6月1日、ポコズママの会では、体験者と医療関係者と協力して書籍を
出版しました。

流産・死産でお子様を亡くされた11名の体験談と、その想いを受け止めて
くださった4名の医療従事者の言葉が綴られています。

体験談を読むのはとてもつらいことですが、勇気をもって綴った方々の
言葉を受け止めていただけると嬉しいです。

 

【書籍情報】

四六版 ソフトカバー 202頁

価格:1,500円(税別)

ISBN:978-4-8058-2899-1

出版社:中央法規出版

 

【目次】

はじめに

第1章 赤ちゃんとの別れに向き合う

  1. 人間扱いされなかったわが子
  2. 喪のケアを求めて
  3. 娘との時間
  4. 繰り返す喪失 ゴールの見えない孤独な戦い
  5. まさかの男性不妊と三度のわが子との別れ
  6. 不育症を告げた天使
  7. 「二十二週」という壁
  8. 心の中で流す涙を感じて欲しい
  9. 望まれた子
  10. わが子のことを語りたい
  11. 壁越しの医療と壁のない医療

 

第2章 赤ちゃんとの別れに寄り添う

  1. 臨床助産師の立場から 医療現場で、おかあさんの心に寄り添う
  2. 不育症外来の母性内科医の立場から 適切な医療で、妊娠・出産を支援する
  3. 産科医・精神科医の立場から 学集会・セミナーを企画して、「赤ちゃんの死」を考える
  4. 看護・研究者の立場から 体験者と医療従事者をつなぎ、よりよいケアを実現する

 

【購入する】

(ポコズママの会は、Amazonと楽天ブックスのアディリエイトに参加しています。上のリンクから購入されると、購入代金の一部が当会に入金されます)

 

執筆者からのメッセージ

書くことで自分を客観的に見つめられました

やまのはな ゆうこ

もっと詳しく読む

医療の現場を変えるきっかけになれば

みつの ようこ

もっと詳しく読む

私の体験談を参考にしてください

いとう えいこ

もっと詳しく読む

赤ちゃんを亡くした親の気持ちを受け止めて

たけうち ともこ

もっと詳しく読む

戸籍にのらなかった子どもたちの存在を形に

たけうち まさと

もっと詳しく読む

多くの天使ママや医療従事者に読んでほしい

すずき かよ

もっと詳しく読む

10年の時を越えて、あの時の想いを表現

ふじもと かよこ

もっと詳しく読む

暗い闇の中でさまよっている人々に

かみやま りえ

もっと詳しく読む

娘の死に意味を見出したい

もりおか ゆうき

もっと詳しく読む

この本が、かけがえのない宝物になりますように

にしかわ れいこ

もっと詳しく読む

私のこの気持ち、誰かに聞いてほしい!

つつい あきこ

もっと詳しく読む

自分自身の看護を見つめなおす機会に

浅野 浩子
(地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪府立母子保健総合医療センター 母性中央部 助産師)

もっと詳しく読む

内科医の立場から

藤田 富雄
(地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪府立母子保健総合医療センター 母性内科 部長)

もっと詳しく読む

流産・死産を語る時代が到来

田中 啓一
(嵯峨嵐山・田中クリニック 院長)

もっと詳しく読む

流産や死産後のケア・システムを整えるために活動中

竹ノ上 ケイ子
(慶應義塾大学 看護医療学部 健康マネジメント研究科 教授)

もっと詳しく読む

読者から寄せられた感想

笑顔で過ごせる日がきますように

もっと詳しく読む

自分ひとりじゃない、と励まされた

もっと詳しく読む

自分に問いかけてくれるような言葉の数々

もっと詳しく読む

誕生の奇跡を多くの人に伝えたい

もっと詳しく読む

生命の神秘や奇跡を改めて考えた

もっと詳しく読む

産婦人科で働く私にとっても、勉強になった

もっと詳しく読む

流産、死産の経験のない人達にも読んでもらいたい

もっと詳しく読む

きっと必ず、戻ってきてくれると信じて

もっと詳しく読む

私の言葉を代弁してくれた

もっと詳しく読む

経験者の言葉に勇気づけられた

もっと詳しく読む

この本で感じた思いを忘れず、医療の現場へ

もっと詳しく読む

頑張っている方々のことがわかって救われた

もっと詳しく読む

自分の時に重ね合わせ一気に読み終えた

もっと詳しく読む

涙がとまりませんでした

もっと詳しく読む

Amazonや楽天ブックスでも書籍の感想を投稿できます。みなさまの感想もお聞かせいただけると嬉しいです。