流産・死産経験者で作るポポコズママの会

「ポコズママの会」は、流産・死産(人工死産)・子宮外妊娠・胞状奇胎・新生児死などの理由により、小さなお子様を亡くされたご家族同士の相互支援を目的として活動している非営利任意団体です。 私たちは、愛する赤ちゃんを亡くされたママを「ポコズママ」と呼んでいます。「ポコポコと懸命に生きていた赤ちゃんのまぎれもないママなんですよ」というメッセージが込められています。

ポコズカフェへのお誘い

当会では、赤ちゃんを亡くされたご家族向けに「ポコズカフェ」という少人数でのお話会を開催しています。カフェという言葉がついていますが、喫茶店ではありません。自らの体験や想いを語り合える場です。
開催地は限られておりますが、「あなたの町にもポコズカフェを」を目指しております。

ポコズママの会お悩み相談室

医師、看護師、助産師、臨床心理士などの専門家や体験者が、あなたのお悩みを一緒に考え、回答します。

みんなの掲示板

ポコズママの会では、掲示板、体験談の投稿、お子様に語りかけられる「天使ちゃんの足跡」などの投稿ページを開設しています。
流産・死産などの理由で大切なお子様を流された方が、自由に悲しみや悩みを表現でき、経験者同士が支えあえるコミュニティーでありたいと願っています。

経験を全てのママのために生かす ~アンケート、取材、研究調査に協力する~

ポコズママの会では、流産・死産に関する医学的な研究および、看護支援や心のケアに関する調査・研究に協力したいと考えております。
ポコズママの皆様の経験を、全てのママのために生かすために、ご協力頂ける方を募集しております。
研究結果はポコズママの会のWebサイトでフィードバックいたします。

書籍のご案内

ポコズママの会では、体験者と医療関係者と協力して書籍を出版しました。

冊子のご案内

ポコズママの会では、赤ちゃんを亡くされたご家族向けに冊子を発行しております。

gooddoでクリックして応援

応援する!ボタンをクリックするだけでポイントが貯まり、無料で支援することができます。

天使ちゃんの足跡

「天使ちゃんの足跡」はママやパパがお空の赤ちゃんとお話できる場所です。

流産・死産と診断されたら

ご自身の体の状態、赤ちゃんの状況を産婦人科の医師によく聞きましょう。状況が分からないまま、処置を受けると後悔することがあるかもしれません。疑問や不安なことを正直に、医師、助産師、看護師に伝え、納得できるまで説明を受けましょう。

赤ちゃんとのお別れの前に

大切な赤ちゃんとのお別れの前に、思い出を残す方法があることをご存じでしょうか。ここでは、参考例をいくつかご紹介します。